2007年10月16日

亀田家に判決!

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦(11日)で、挑戦者の亀田大毅選手(18)(協栄ジム)が反則行為を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、都内で倫理委員会を開き、大毅選手を1年間のボクサーライセンス(資格)停止処分とした。

 資格停止は剥奪(はくだつ)に次ぐ重い処分。反則を指示したとして父の史郎トレーナー(42)は無期限のセコンド資格停止、世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級前王者で兄の興毅選手(20)は厳重戒告とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071015-00000012-yom-spo&kz=spo

 JBCの資料では、世界戦の反則による厳重処分は1997年、対戦相手の耳をかみ切って反則負けとなり、資格をはく奪されたヘビー級のマイク・タイソン(米)以来の不祥事。マイク・タイソンって最近聞かないけど、どうしてるのかな?

 タレント、なべやかん(37)が12日、王者・内藤大助(宮田)に亀田大毅(協栄)が挑戦した世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチを観戦していたことを自身のブログ「なべやかんだ!!」で明らかにした。その中でなべは、大毅選手やテレビ局の姿勢を厳しく批判するなど、芸人とは思えない硬派な主張を展開、称賛のコメントが殺到している。⇒なべやかんのブログはこちら

 ブログでは、あの試合では、自ら「切腹」と言ったんだから、命かけた勝負をすればよかったんだ。判定で勝てないからって反則行為はないでしょ?傷口を広げてしまえば、どんなに判定で負けててもTKO勝ちできる。それをするためにパンチじゃなくグローブでグリグリ。
判定で負けてるなら、KO負け覚悟で自分の全てを出して戦えばいいじゃない。先輩ボクサー達は、そういった素敵な姿を見せてきたんだから。それが切腹でしょ?
なのに反則行為。試合後に内藤選手を称える姿もなし。だから、切腹と言われるんだ、としている。

 確かに反則行為をするくらいなら、KO負け覚悟の心意気が見たかった。まだ18歳なんだから、いつか正々堂々とした試合のできる亀田大毅をみたいものだ!



タグ:亀田大毅
posted by 三日月半平太 at 07:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お金を集められれば何をしてもいいんです。亀田家が手に入れた数億円のファイトマネーが社会を動かし人を動かしているんです。
Posted by kkc at 2007年10月16日 08:07
まさにその通りですよね。彼は命かけた勝負をすべきだったんです。その結果負けても、「切腹しろ!」という声は上がらなかっただろうし、ファンも増えたのではないでしょうか?

「どうせ勝てないから、投げてやれ!もしレフリーが見逃してくれればラッキー」っていう感じで試合をしていたように見えました。
Posted by Soh at 2007年10月16日 08:44
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。