2007年05月26日

mess around

REM、新作のレコーディングをスタート
BARKS
REMが、'04年の『Around The Sun』に続くニュー・アルバムのレコーディングをスタートした。バンドは、最近エディターズの新作を手がけたばかりの売れっ子プロデューサー、ジャックナイフ・リーをプロデューサーに迎え、バンクーバーのスタジオで制作に取り掛かっている ...(続きを読む)

注目の白人レゲエ・シンガー、COLLIE BUDDZがデビュー・アルバム『COLLIE BUDDZ』を7月にリリース
bounce
シングル“Come Around”がNYやジャマイカ、カナダほか世界各地のラジオ局でへヴィー・ローテーション中! いま話題の白人レゲエ・シンガー、カリー・バッズがデビュー・アルバム『Collie Buddz』を7月3日に輸入盤でリリースします(日本盤のリリースは7月4日予定)。 ...(続きを読む)

渋谷で「世界のキノコ切手」企画展−キノコ狩り入門講座も
シブヤ経済新聞
会期中は展示と並行し、キノコ関連の書籍や雑貨、アンティークプリントなども販売。飯沢さんのコレクションを集めた著書「世界のキノコ切手 〜around the world with a mushroom stamp〜」はプチグラ・パブリッシングから発刊予定。 入場無料。6月6日まで(最終日は17時 ...(続きを読む)


“成り切りビジネス”大人気(日刊ゲンダイ)25日10:00
(続きを読む)

中山恭子補佐官 参院選出馬に「ノー」?夫も「反対」(日刊ゲンダイ)25日10:00
(続きを読む)

ペンタックス HOYA子会社へ(日刊ゲンダイ)25日10:00
(続きを読む)

福島の17歳少年 母親の遺体さらに細工(日刊ゲンダイ)25日10:00
(続きを読む)

プリンセス天功ネコの手を借りtotoBIG3等(日刊ゲンダイ)25日10:00
(続きを読む)


ARASHI AROUND ASIA Disk-1、終了。
いや、まいった・・・ 参ったよ・・・ まさに参ったネ、今夜。 ですわ...... ライヴDVD1枚でこんなに気持ちが持ってかれるなんて。 Disk-1、ってJET STORM→台湾コンまでなんだけど。 初めの方は、ウキャウキャ普通に、楽しく観てた。 ...(続きを読む)

海外記事紹介:growth around the world
Mozilla Corporation COO (最高執行責任者)の John Lilly 氏による Firefox のシェア分析です。 このシェア分析はユーザが Firefox のどの言語のバージョンを使ってアクセスしてきているかです。IP などによる分析ではないようです。 ...(続きを読む)

Happy Around
pink說:開心最重要! green說:沒錯! (More......)(続きを読む)

ホンダがRN01を発売へ?Finally, HRC decided to sell their bikes for ...
Details are still under the veil, But Honda decided to sell their bikes for "frame kit". Some bike dealers got some kind of invitations or informations by postal envelope from HRC. HRC will have press launch on June. ...(続きを読む)

Sweet Riders Event Date Change[プレスリリース]
6月9-10日にDH キャリー渡辺選手が長野県”青木湖スキー場”でコースディレクターしたラダーを含むフリーライディングコース07’コースオープンに際して”MTB JAMBOREE" を開催する。 2日間、コースを自由に走ってBBQを食べたりDJ‘sパーティーなど計測器の ...(続きを読む)


Around The World
商品価格:1,050円
レビュー平均:4.33
■送料120円■MONKEY MAJIK CD【Around The World】06/02/22
商品価格:1,050円
レビュー平均:5.0
嵐/ARASHI AROUND ASIA Thailand−Taiwan−Korea〈2枚組〉
商品価格:3,181円
レビュー平均:4.67

英文の翻訳をお願いします。
英文の翻訳をお願いします。Rocket BoysIn the 1950s all the boys in Coalwood grew up to work in the mine, and Homer Hickam thought he would, too.The only way to escape was to enter college with a football scholarship, but Homer wasn't big enough to be a football player.Then one day in 1957, everything changed.Sputnik, the first Soviet satellite, flew across the October sky - and Homer made up his mind to build a rocket.Homer, along with three friends, worked very hard on the project.There were almost no books on rockets in Coalwood and they had to do everything by themselves.They built many rockets and they made many mistakes.Once they almost went to jail because someone said they caused a forest fire!Also, Homer had another problem: his father.Homer's father was a mine leader and felt his son should also work in the mine.Homer loved him and needed his support, but he didn't want to work in the mine at all.The father and son didn't get along.One day Homer's father was in a terrible mine accident and stayed in the hospital for a long time.Homer's brother had gone to college with a foot ball scholarship and Homer was the only person who could support the family.He went deep down into the mine, but his heart was still flying in the sky.After his father was better, Homer left the mine forever.The boy's science teacher, Ms. Riley, never gave up hope for her students.She told Homer, "Sometimes you really can't listen to what anybody else says.You've just got to listen inside."In 1958, Homer's dream came true.He and his friends won gold at the National Science Fair with their project.Homer came home to launch one last rocket.Just before the launching, he talked with his father and said, "I've come to believe that not because I'm different from you.It's because I'm the same."But his father still refused to come to the launching.In the end, however, Homer's father came and pushed the launch button.As the rocket went high up into the sky, he proudly put his arm around his shoulder.(続きを読む)

Living in India reveals our expectations of the material world. I may think o...
Living in India reveals our expectations of the material world. I may think of myself as nonmaterialistic and disapprove of the Indian attachment to Western consumer goods, but I'm forced to realize that I take all too many of them for granted myself. As Westerners, our standard of living in India is far higher than that of most people around us. We tell house rental agents that we're just looking for something simple. But simplicity is relative. For we expect what Americans think of as basic requirements: electricity, a telephone, e-mail, flush toilet, hot and cold water. インドに住むことによって、物質的な世界に対する私たちの期待があらわになる。私は自分自身を非物質的であるとみなすかもしれないし、西欧の消費財に対するインド人の固執には不満を示すかもしれない。しかし、自分自身がそれらの多くを当たり前に思いすぎているということを悟ることが強いられている。西欧人にとって、インドでの私たちの生活水準は、私たちを取り囲む殆どの人の生活水準よりはるかに高い。私たちは家を貸す代理業者に、ただ、何か単純なものを探しているだけだということを告げる。しかし、単純であるということは相対的存在である。というのも、私たちはアメリカ人が基礎設備とみなすもの、例えば電気や電話やeメールや水洗トイレやあたたかいお湯、冷たい水を期待するからだ。すみませんが、和訳で間違っている部分のアドバイスをお願いいたします。大学入試で通用する訳し方のレベルで指導していただければ幸いです。(続きを読む)




posted by 三日月半平太 at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。