2007年03月04日

Jリーグが開幕の光の影でメッシーナMF小笠原満男が厳しい状況

Jリーグが開幕しましたね、浦和対横浜FC戦にはキングカズがケガで試合に出場できなかったののは残念でしたが、FW久保竜彦は移籍したチームでエースとして1発を決め、王者浦和には勝てませんでしたが、「次につながるゲーム」だったのではないでしょうか。

海外では中村高原の好調なニュースが届きますが、メッシーナMF小笠原満男が厳しい状況です。なんと事実上構想外らしんです、寂しいですね、。
メッシーナのチーム状態が最悪なのも小笠原に影響しているのでしょう。
1月30日にはブルーノ・ジョルダーノ監督を解任したと発表していますから。
海外での活躍するのは簡単にはいかないことは小笠原もわかっているはず。高原だってチームが変わり去年とは別人のような活躍してますから。小笠原もここはひとつ辛抱し、自分が活躍できる環境見つけ出して欲しいですね。そうじゃないと、柳沢状態で帰国なんてことになりかねませんから。

【ここ2ヶ月のメッシーナ小笠原の状況】

12月21日小笠原出番なし
12月24日小笠原、前半で途中交代
1月15日小笠原出場機会なし
1月22日小笠原、ベンチ入りも出場せず
1月29日小笠原はベンチ入りしなかった。
2月12日小笠原はベンチ入りせず
2月19日小笠原はベンチ外
2月26日小笠原は欠場
3月4日小笠原7戦連続出番なし、事実上の構想外


タグ:小笠原満男
posted by 三日月半平太 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。