2007年03月03日

お茶の間のテレビの画面から飯島愛が消える

えっ飯島愛、引退するの?去年の暮れ、体調不良で番組に穴をあけてしまっていたが、引退と聞くとさみしいですね。
AV女優時代の1992年、土曜深夜のお色気番組「ギルガメッシュないと」(テレビ東京)で本格的にテレビ界入りしてから15年。このときのTバックは鮮烈だった。ここから「成り上がり」執筆活動もこなすマルチタレントとなった飯島愛が、茶の間から姿を消すことになる。



飯島愛、3月末で芸能界引退を発表

飯島愛(34)が芸能界引退に向けて調整に入っていることが2日、分かった。飯島愛本人がTBS関係者に体調の不安を訴えており、同局のバラエティー番組では既に“引退特番”も検討。バラエティーなどレギュラー番組だけで週4本を抱えるが、早ければ3月いっぱいで芸能活動を終了するとみられる。

飯島愛は体調不安とだけ話しており、詳しい症状は不明。自身のブログには以前から腎機能の弱さに苦しむ様子を記していた。

昨年11月12日と12月3日には、風邪による発熱などを理由にレギュラーを務めるTBSの生放送「サンデージャポン」(日曜前10・00)の出演をキャンセル。そのころ、ブログで「背中の鈍痛とだるさを感じながら、またかと…気がめいる」「あの痛みは、堪え難い。もう嫌だ」と膀胱炎による苦しみを吐露。トイレの際の激痛ぶりなどを生々しくつづっていた。2月に入ってからも、花粉症治療に関連して「お注射を打つと(症状が)半減するらしいよ。でも、腎機能弱い私には、医師が“我慢出来ないの!?”と勧めないの」としている。

一方、出演キャンセル前日の昨年11月11日には、横領被害に遭っていたことをブログで告白。「個人事務所の経理だったおじさん」が女性に数千万円を貢いでいたという内容。2年以上前の出来事を突然告白し、出演キャンセルと合わせ波紋を呼んだ。

そんな飯島愛に対して、飯島愛がレギュラー出演するTBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」は引退特番も検討。同局関係者によると、既に具体的な企画に着手しており、早ければ3月いっぱいで芸能界を引退することになるという。

→「飯島愛」を楽天で検索してみる
→「飯島愛」をウィキペディアで検索してみる
→「飯島愛」をはてなダイアリーで検索してみる



posted by 三日月半平太 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。