2007年11月02日

ここで交代?

 日本シリーズという大舞台での完全試合という偉業は、落合監督の手により山井投手から奪われてしまった。

 ヒットを許さず、四死球を出さず、ランナーを一人も出していない完璧な投球。ゲームスコアもダルビッシュの好投もあり、1−0と緊迫しているなかでも、落合監督はいつも通りに「勝利の方程式」の岩瀬にスイッチ。

 日本一のかかった瞬間に歴史的な記録・・・個人的には山井投手の完全試合を見たかった。

 スポーツジャーナリストの玉木正之氏も、8回をパーフェクトピッチングで締めた中日の先発、山井を九回で降板させた落合監督の“非情”采配について、強く批判するコメントを自身のホームページに載せている。

「完全試合での日本一決定」が幻と消えたことに対し、「Wシリーズでもたった1回の記録をナンデ潰すねん!野球の最も美しい瞬間を消したのは誰や!スポーツに対する冒涜や!これが野球やというのであれば俺は野球ファンをやめる!」と強い口調で落合監督の采配を批判。「午前中に中日新聞に優勝予定稿のコメントを電話で送っていたが急遽(きゅうきょ)電話して削除してもらう。100年に1度あるかないかの凄い興奮の瞬間よりも52年ぶりの優勝を確実にしたかったというならナント小心な夢のない野球か!」

と興奮しすぎなくらいとまくしたてている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000967-san-spo&kz=spo


 落合流といえば、落合流。この采配あってこその日本一なのかも知れないが、とりあえずワンヒットまで我慢すべきでは?と私は思うが。とりあえず、中日、日本一おめでとさん、巨人ファンより。





posted by 三日月半平太 at 07:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。