2007年09月20日

すみれ、「白ツバキ」の発表イベントにさっそうと登場!

20070920-sumire.jpg 蛙の子はカエルといったところか?俳優・石田純一(53)と元妻の松原千明(49)の長女でモデルのすみれ(17)が18日、東京・渋谷区の表参道ヒルズで行われた資生堂のヘアケア新製品「白ツバキ」の発表イベントに出演した。イベントには俳優・渡辺謙(47)の長女・杏(21)も出演し、2世モデルの共演となった。ハワイ在住のすみれは日本で公の場に出るのは初めて。「ブロードウェーを目指してます」と明るく世界進出を誓っていた。

 「小さいころから歌とダンスが大好きで、今はブロードウェーを目指しています」-日本で初めて公の場に立ったすみれは、世界を相手に満開の花を咲かせることを誓ってみせた。父親譲りなのか、堂々とした態度で緊張の色を見せることもなく、笑顔で大きな目標を掲げてみせた。

 石田と松原が結婚から3年目の91年、長女として誕生した。99年に両親が離婚して以降は、母の松原とともにハワイに移り住み、現在もハワイの高校に通う。人生の半分を英語圏で生活しており、ブログも英語表記がメーンの“ハワイアン”。

 それでもすみれは「日本生まれの日本人です」とキッパリ。両親が芸能活動を行っていた日本の地から芸能活動を始め、06年には松原とともにテレビで母娘共演も。今年に入ってからは「ユニクロ」、資生堂「TSUBAKI」のCMに出演するなど活動を本格化させている。

 容姿的には、両親のいいとこ取りをしたような小顔美人。175センチ、B78・W60・H88のスラリとした長身。醸し出す雰囲気はどことなくモデルの長谷川理恵風でもある!?舞台上では、渡辺謙の娘で、事務所の先輩でもある杏と“2世競演”も実現。親譲りの華やかなオーラをまとい、TSUBAKIのキャッチコピー「日本の女性は美しい」をしっかりとアピールしていた。

 石田純一ひとり娘、すみれちゃんの動画はこちらのページから

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070918-00000022-dal-entz




posted by 三日月半平太 at 07:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 松原すみれ

ようやく阪神に一矢報いる巨人

内海、頭部死球 巨人が阪神との今季最終戦に大勝。このカードの連敗を6で止め、逆転Vに望みをつないだ。ヒーローの筆頭は内海だ。中4日で先発、4回の打席ではボーグルソンから頭部に死球を受けたが、7回を毎回の13奪三振、1失点で自己最多の13勝目をマークした。奪三振数も167となり、セ・リーグトップに返り咲いた。打ってはゴンザレスが開幕の横浜戦以来となる2号満塁弾、高橋由が本塁打キング争いのトップ、中日・ウッズに1本差に迫る33号3ランを放つなど15安打11点の猛攻。残り8試合、全勝目指し戦い続ける。

 痛みと同時に、闘志がわいてきた。内海の顔が真っ赤になっていった。4回、2死二塁で打席に入ると、ボーグルソンの147キロの直球が右側頭部を直撃した。自身初の死球が、まさかの危険球。「気が付いたら当たってました」ベンチに戻り、すぐにアイシングしたが、その氷が溶けるほど「絶対に負けない」という熱いものがこみ上げてきた。

高橋由は右中間に33号3ラン
 これでスイッチが切り替わった。「あそこでヒットが続いたら、デッドボールの影響があると思われる」直後のマウンドで、赤星、シーツ、金本を連続三振に仕留めた。付け入るすきを狙っていた猛虎打線の戦意を喪失させ、7回を5安打1失点。8月23日の中日戦(東京ドーム)以来、5度目の挑戦で自己最多の13勝目を挙げた。「1か月、すごく長かったけど、粘り強く投げれば勝てると思っていた」声のトーンも上がっていった。

 やられたエースの借りは、選手会長が返す。高橋由が、怒りを込めて一撃を見舞った。4回、阪神ファンで埋まった右中間スタンドに11試合ぶりの33号3ランを打ち込んだ。「ああなったら余計、点を取ってあげないとね」リードを7点に広げて、“傷ついた”若き左腕をねぎらった。



タグ:巨人阪神戦
posted by 三日月半平太 at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

土俵に女性乱入!?

相撲ハプニング 最近では土俵外でのドタバタぶりで世間を騒がせている大相撲。19日の取組になんと女性が土俵に乱入するハプニングが起こった。

 、東京・両国国技館で開催中の大相撲秋場所11日目の豪風−豪栄道戦の仕切り中、A4判のビラを大量に持った女性とみられる観客が土俵に上がろうとした。土俵下に控えていた勝負審判の錦戸親方や高見盛らが取り押さえ、取組には大きな影響はなかった。乱入者は国技館内の一室に隔離され、駆けつけた警察官が連行した。

 ビラの内容は意味不明なものとこと。「こういうこともあるんだね。驚いたけど、大騒ぎにならなくてよかったね」と放駒審判部長も驚いた様子。

 「刑事事件にするつもりはない。周りの人が気を使って、引いてもらってよかった」と伊勢ノ海理事は語った。

 過去の乱入では、平成3年九州場所12日目の寺尾−琴ケ梅戦で酔っぱらいの男が土俵に上がり、旭道山に土俵から下ろされる騒ぎなどがあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000943-san-soci



posted by 三日月半平太 at 07:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2007年09月18日

オール巨人、ふがいなく阪神に敗れる

◇国内最大級の出会いの場なら・・・
→★女性比率64%突破!【メル友】【恋人】【合コン】募集はココ!累計12万人突破! 出会い系サイト
◇審査が早い速い!5秒審査!!三井住友銀行グループのアットローン
→≪銀行系≫5秒審査!限度額300万円!実質年率15.0%〜18.0%三井住友銀行グループのアットローン 銀行系モビットカードローン

 巨人が完全な守り負けで 首位から3位へ転落した。1点を追う6回、谷の10号で追いついたのもつかの間、7回2死から木佐貫がシーツに不運な適時二塁打を浴びて勝ち越されると、8回には3番手の西村が2点を奪われ、ジ・エンド。阪神が7回から投入したJFKの前に1点も取れず、背筋痛で登録抹消された豊田を欠く巨人の救援陣との差を見せつけられた。連勝は3でストップし、このカード1分けを挟み5連敗。7月以降の対戦成績は2勝10敗1分けと歯が立たず、再び自力Vも消滅した。


 それでも木佐貫は、アンラッキーな2点で食い止めた。7回途中7安打2失点は、胸を張っていい数字だった。「ピッチング内容、調子うんぬんではなく、こういう試合展開なら絶対に先に点を与えたくなかった。きょうは勝たなければいけない試合だった」今季阪神戦4試合で4敗目を喫した右腕は唇をかみしめたが、原監督は「こういう試合で堂々と投げてくれた。よく頑張ったと思います」とたたえた。「それよりも」と矛先を向けたのは打線だった。


1点を追う6回に谷が下柳から10号ソロを放ったが、7回からはJFKの前に得点を挙げることはできなかった。「谷の素晴らしいホームラン、その1本ではいけませんね」と指揮官はこぼした。1番・高橋由とクリーンアップがいずれもノーヒット。特に4番の李は、2打席目から3打席連続空振り三振とまるでいいところがなかった。この日を含めた4番復帰後の8試合で、34打数6安打の打率1割7分6厘、本塁打はゼロ、打点はわずか1。「少し考えないといけないね」篠塚打撃コーチは打線の組み替えの質問にそう答えた。


 広島を3タテし、首位を奪回して甲子園に乗り込んだ。前回本拠地で3連敗したリベンジを果たす絶好の機会だった。「プロとして最高の舞台だ」と指揮官が評した敵地での天王山初戦に惜敗し、連勝は3で止まり、阪神戦は引き分けをはさんで5連敗となった。


 中日が勝ったため、一夜で3位に転落。自力V、そしてクライマックスシリーズ進出マジックも消滅した。原監督は「あすは切り替えて、投打のバランスよく戦っていきたい」と言い残し、きびすを返した。一日で順位が変わる戦いが終わったわけではない。本当の底力が試される残り10試合。集大成のカウントダウンが始まる。


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000045-nks_fl-base


巨人軍論
商品価格:720円
レビュー平均:4.36
桃太郎ぶどう(瀬戸ジャイアンツ 1房)予約販売
商品価格:3,900円
レビュー平均:4.28
桃太郎ぶどう(瀬戸ジャイアンツ 1Kg詰め)予約販売
商品価格:5,800円
レビュー平均:4.0



タグ:オール巨人
posted by 三日月半平太 at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

谷亮子 ブログ、出産しても「金」

◇国内最大級の出会いの場なら・・・
→★女性比率64%突破!【メル友】【恋人】【合コン】募集はココ!累計12万人突破! 出会い系サイト
◇審査が早い速い!5秒審査!!三井住友銀行グループのアットローン
→≪銀行系≫5秒審査!限度額300万円!実質年率15.0%〜18.0%三井住友銀行グループのアットローン 銀行系モビットカードローン

 YAWARAママが金メダルをつかんだ! 連覇中のアテネ五輪以来3年ぶり、出産後初の世界大会に挑んだ女子48キロ級の谷亮子(32)=トヨタ自動車=は、決勝で前回世界女王のベルモイ(キューバ)に優勢勝ちし、男女最多となる2大会ぶり7度目の優勝を遂げた。五輪、世界選手権で日本人初のママさん金メダリストとなり、北京五輪での「ママでも金」へ大きく近づいた。男女無差級の棟田康幸(26)=警視庁=、塚田真希(25)=綜合警備保障=も金メダルを獲得したが、日本は過去最低タイの3個に終わった。


  2003年大阪大会の6連覇後に結婚。出産、育児から4月の全日本女子選抜体重別(福岡)で約2年ぶりに実戦復帰。だが、福見友子(22)=筑波大=に敗れた。本人は決して口にしないが、柔道人生で初めて、負けながら代表入り。重圧ものしかかった。「代表選考も物議が出てきて結果が求められるというので、本人もいろんな思いがあっただろう」と吉村強化委員長が代弁した。


  ヤマ場は序盤に訪れた。アテネ五輪決勝の再現となった3回戦のジョシネ(フランス)戦。ゴールデンスコア方式の延長戦に突入する大接戦。息をのむ展開の中、相手の一瞬のすきに大内刈りを合わせ効果を奪った。「ワンチャンスで決めるしたたかさ」と全柔連の吉村和郎強化委員長もたたえた勝負強さは、再び延長戦となった続く呉樹根(中国)戦でも発揮された。


  終了のブザーが鳴った瞬間、険しかった谷の表情が一気に崩れた。両手をパンと合わせ、ガッツポーズ。「ヨシッ」と小さく叫ぶ。「出産後も世界チャンピオンになれたことはすごくうれしい」試合中に相手の指が入って充血した真っ赤な左目に、感激の涙が混じった。


  旦那さんの巨人・谷佳知外野手「試合が終わってすぐに『優勝したよ』と携帯に連絡がありました。決勝まで5試合というのは、本当にしんどかったと思います。お母さんになって、むしろ体が強くなったのかもしれません。結婚してアテネで金、出産を経てリオで金というのは、女性アスリートの可能性を開く素晴らしいことですが、家庭のこともしっかりやって柔道と両立させている点に彼女のすごさを感じます。北京五輪でも必ず金メダルを獲得してほしいですね。今、優勝を目指している僕にとっても励みになります」とコメントをしている。


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070917-00000913-san-spo



「イザ」ニュースの最新情報


ピーターラビット生みの親、実は著作権ビズの祖
 ピーターラビットの原作者、ビアトリクス・ポター(英国)の半生を描いた映画「ミス・ポター」が15日、公開された。作家で、世界初のライセンシング(著作物の使用許諾)システムを作ったビジネスウーマンでもあるポターを映像化したのはオーストラリア出身のクリス・...(続きを読む)

戦後混乱期の恋描く 21日から「新開地物語・後編」
 戦前から昭和30年代後半にかけて文化、芸能の中心として栄えた神戸・新開地。昭和に生きた1人の女性の激動の人生と、人情あふれる人間模様を描いた舞台「新開地物語 後編」が劇団四紀会の創立50周年記念公演として21日から神戸アートビレッジセンター(神戸市兵...(続きを読む)

オリラジ&チュート 人気2コンビが初タッグ
 10月17日スタートするフジテレビ系の新番組「ジャンプ!○○中」(仮題・水曜後10・0)で、いま最も旬のお笑いコンビ、オリエンタルラジオとチュートリアルが初共演する。 これまで「水10!」枠として「オリキュン」と「ココリコミラクルタイプ」を放送して...(続きを読む)

Perfume新曲披露に2000人が大声援
 女性3人組テクノポップユニット、Perfume(パフューム)が17日、東京・東池袋のサンシャインシティ噴水広場で、新曲「ポリリズム」(発売中)の記念イベントを行った。 会場を埋め尽くすファン約2000人の大声援に迎えられ、西脇綾香(18)は「こんなに...(続きを読む)

「自分らしい色」出したい 花組娘役トップ・桜乃彩音
 ■「アデュー・マルセイユ」で女性の葛藤表現 花組トップの春野寿美礼の相手役をつとめて1年半余り。手とり足とり教え、導いてくれたその春野が、今度の宝塚大劇場公演「アデュー・マルセイユ」「ラブ・シンフォニー」で、宝塚を退団する。 「“その日”が来るま...(続きを読む)




posted by 三日月半平太 at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月10日

首位攻防の伝統の一戦は巨人のなんと3連敗・・・

 5時間4分の激闘も、阪神に3連敗という現実だけが残った。首位攻防、そして伝統の一戦。敗軍の将、原監督には疲労感が漂った。

 「結果的に一歩足りなかった。阪神に勢い?負けた監督がどうのこうのは言えないし、オレは評論家じゃない。冗談じゃないよ」。7―7の延長10回。この回から投入した上原が1死二塁から鳥谷に勝ち越し打を許し、藤原にも右前打で2点を献上した。その裏、藤川を相手に小笠原が適時打など粘ったが最後は二岡が3球三振に倒れた。

070910.JPG 敗戦以上に指揮官を憤らせたのが7回のプレーだった。三ゴロのシーツが一塁ベースを駆け抜ける際、李スンヨプがベース端にかけていた左足を踏みつけた。もん絶する主砲。故意とも取れる行為に指揮官はベンチを飛び出した。

 原「ホワーイ?それはノーだ!」

 シーツに対して異例の直接抗議。これをきっかけに両軍が入り乱れ、岡田監督とも一触即発のムードとなった。

 原「謝れ!」

 岡田「何をー!大したことないやないか。シーツは李に謝っとる。監督が出てくることないやろ!ベースの真ん中踏んどるやないか。そっちが謝ればええ!」

 この言葉に原監督がキレた。大きく目を見開き、1歳年上の敵将につかみかかろうとした。ここまで感情をむき出しにして怒る姿は、紳士的で若大将と呼ばれた指揮官にとって現役時代を含めて初めてのことだったと思う。

 なおも言い寄る岡田監督に、最後は「もういい。試合やろう」と大人の対応でベンチに引き下がったが、はらわたは煮えくりかえっていた。試合後は「放置することはできない。岡田監督もビデオを見てくれればシーツに注意するはず」と怒りをあらわにした。

 オーダーでは高橋由を1番、李を4番と開幕時に戻して原点回帰を図ったが、勝利には結びつかず3試合連続1点差敗戦。初戦に続く同点での登板でリリーフ失敗の上原は「きょうはちょっと勘弁してくれ」と報道陣を制して引き揚げた。

 4月12日以来の3位転落で自力優勝の可能性も消滅したが、指揮官は「あした1日休んで次の9連戦をしっかり戦いたい」と前を向いた。このままでは終われない。その目には雪辱の2文字が宿っていた。


posted by 三日月半平太 at 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。